バラとガーデニングショー閉幕

 12日から始まった所沢の「バラとガーデニングショー」が閉幕しました。

今回初めてハンギングバスケット・コンテストに挑戦しましたが、とてもいい経験になりました。

花苗やリーフは配色を考えて選ぶのはもちろんですが、いかに展示期間中に花をベストな状態にするか、

ハンギングバスケットの背景にどんな創作物で飾るか・・・など、想像以上に大変でした。

最終日の搬出のため一週間ぶりに会場に入り、自分のハンギングバスケットにいってみると、

枯れずに草花が大きく成長していました。

期間中は係の人たちが毎日水やりをしていてくれたおかげです。

その後友人と会場を見て廻りましたが、いろいろなデザインのガーデンやバラを見ているとあっという間に時間が過ぎていきました。

今回もクレマチスの2鉢を買ってしまいました。

ガーデニング雑貨も買いたかったのですが時間切れとなり、しぶしぶあきらめました。

5時の閉園の音楽が流れてからの会場のあわただしいこと。

多くの業者のトラックが入ってきて、作業する人たちの手際のいいこと。

華やかな会場を作った展示物がどんどん運び出されていきます。

また来年は20回になるので、きっと豪華なガーデンショーになることでしょう。

今年の経験を生かして来年もリベンジしたいとおもいます。